2015/09/17 更新

乾燥したガサガサ唇のケアしてますか?今から出来る唇ケアのまとめ

紫外線や乾燥、食べ物や口紅などの刺激で唇がガサガサしてませんか?唇は他の皮膚よりも薄くデリケートなもの。常に外気にさらされてダメージも大きいんです。そこで今からでも始められるケアでプルプル潤った唇を手に入れませんか?唇ケアの色々まとめてみました。

唇がガサガサ荒れる原因

唇がガサガサに荒れる原因には、どんな事が考えられるのでしょうか?

唇をケアする前に、根本的に唇が荒れてしまう原因を理解しましょう。それを軽減する事で、唇の荒れ防止、唇のケアにつながります。

紫外線

唇は口内の粘膜が外に出ている部分で、他の皮膚に比べて薄く非常にデリケートです。

紫外線対策と言うと、顔全体のUVケアで済ませてしまい、唇のケアは意外と忘れがちですよね。

唇は皮膚が薄く、メラニンの量も少ないです。通常、紫外線を浴びるとメラニンが出てきて、紫外線が肌に侵入するのを防いでくれます。
しかし、唇にはそのメラニンの量が少ない為、紫外線の影響をダイレクトに受けてしまうのです。

出典:http://hadalove.jp

刺激

食後にナプキンで唇をゴシゴシ、口紅を落とすのにゴシゴシしていませんか?この刺激が唇の薄い皮に傷をつけて、唇が荒れてしまう原因となります。

辛い食べ物、塩分の多い食べ物

辛い食べ物など、ヒリヒリするものばかり食べている人は唇も荒れやすいです。辛い食べ物が好きな方は、我慢することは難しいと思いますので、食べ終わった後に唇を放置しないで、きちんと洗ってケアするようにして下さい。塩分の多い食べ物も要注意です。

出典:http://hadalove.jp

口紅やリップクリームの成分

普段使っている口紅や、唇のケアに使うリップクリームに含まれる成分が、逆に唇に合わず荒れを招いてしまう事もあります。

口紅に含まれる成分で荒れの原因となる成分としては、油性成分としてのラノリン、ヒマシ油(リシノール酸)、着色料としてのタール色素、保存料のパラベン、つや出し成分のエステルガム、香料、紫外線吸収剤などがあげられる。

出典:http://www.mildix.com

唇ケアの為のリップクリーム選び

唇を乾燥から守る為に、普段からリップクリームを使っている人が多いんではないでしょうか。

唇ケアに欠かせないリップクリーム。しかし、荒れてしまった唇や乾燥ケアの為には、どんなリップクリームを選べばいいのでしょうか?

荒れた唇のケア目的

すでにガサガサと荒れてしまった唇のケアには「医薬品リップクリーム」か「ワセリン」を使いましょう。

*注意したいのは、「薬用」ではなく「医薬品」のリップクリームを使うという事です。

※「医薬品」と「薬用」の違い
「医薬品」・・・“治療効果”を目的としたもので配合されている成分の効果が認められている。
「薬用(医薬部外品)」・・・有効成分が入ってはいるが、治療ではなくあくまで“改善”が目的。医薬品と化粧品の中間に位置する。

出典:http://hadalove.jp

商品名;モアリップ 資生堂

商品名;メンソレータム メディカルリップ

これらのリップクリームは経皮吸収性を付与してあり、
効率的に皮膚内に有効成分を届けることができます。

配合されている成分としては、
「グリチルレチン酸」や「アラントイン」などの抗炎症剤や創傷治療剤が配合されている場合が多く、傷や炎症を素早く治せる効果が見込めます。

出典:http://ameblo.jp

こちらお馴染み万能薬「ワセリン」です。

「ワセリン」は石油を精製してゼリー状にしたもの。不純物の少ない白色ワセリンがお勧めです。唇以外にも肌の保湿、ちょっとした傷の手当てにも使えて便利です。

普段使い、乾燥ケアのリップクリーム

「医薬品リップクリーム」はあくまで治療目的に使います。普段使いに使うと、多少なり副作用があります。必ず普段使いのリップクリームとは区別して使用しましょう。

では、普段から唇ケアに使えるリップクリームはどんなものを選ぶべきでしょうか?
ここでおススメをいくつかご紹介します。

商品名:キャンメイク / ステイオンバームルージュ【SPF11・PA+】

発色とツヤが良くて使いやすい上に、保湿効果とUVカット効果をも兼ね備えた、紫外線吸収剤を使わない多機能のUVカットリップクリームです。多機能性であるにも関わらず、コストパフォーマンスの良さも魅力的です。

出典:http://turquoise0.exblog.jp

商品名:DHC 薬用リップクリーム

オリーブバージンオイルやアロエエキスをはじめ、甘草誘導体やビタミンEなどの保護成分を配合しました。すぐれた保湿力で乾燥を防ぎ、唇をやさしく守ります。

無香料・無着色・パラベンフリー・天然成分配合。

出典:http://www.dhc.co.jp

商品名:ニベア ディープモイスチャーリップ

ひと塗りで、しっかり潤う高保湿リップクリームです。保湿持続ヴェールが唇に広がり、ひと塗りでしっかり潤いを与えます。潤いが不足した唇に、とろけるような潤いをチャージ。唇の荒れ、ひび割れを防ぎます。SPF16、PA+。はちみつの香り。

出典:http://www.kenko.com

唇ケアの注意点

唇をケアするにあたって、いくつか注意点があります。ケアを正しく行うために、知っておくべき注意点をご紹介します。

リップクリームの塗りすぎ

唇ケアに欠かせないリップクリームですが、塗りすぎによって症状を悪化させてしまうことも。唇の自然なターンオーバーを抑制しないように、一日3-5回までにしておきましょう。

リップを塗るときは、唇の組織に沿って縦方向に塗るようにします。

唇を舐める、口呼吸

一番やってしまいがちなのが、唇を舐める行為。一時的に見た目は潤った気がしますが、唇を舐めると油分を失うと共に、唇の表面についた唾液が蒸発して、逆に乾燥します。唇の荒れを感じたら、すぐにリップクリームを使います。

また、口呼吸も厳禁です!鼻が詰まって口呼吸が必要な場合は、マスクなどをして唇が常に潤っているようにしましょう。

歯磨き粉、食べ物の残り

歯磨き後に口をゆすぐけど、唇までは洗っていない人が多いのでは?歯磨き粉には歯磨剤が含まれており、唇への刺激になります。同じく食後に食べカスやソースなどの残りが、唇への刺激にならないように、ナプキンでゴシゴシ擦らず優しく取り除くか、洗い流すようにしましょう。

すぐに出来る唇ケア①ワセリンはちみつパック

用意するもの:ワセリン、はちみつ、ラップ

やり方
①はちみつとワセリンを1対1で混ぜる
②唇全体に塗る(クルクルと優しく)
③ラップを唇にあて、10分おく

オリーブオイルを混ぜても、効果があるそうです。ラップを取った後は、キメの細かいティッシュなどで優しくふき取った後に、さらにワセリンで保湿ケアするのを忘れずに

唇ケア②砂糖スクラブ

用意するもの:はちみつ、砂糖

やり方
①はちみつを砂糖を同量で混ぜる
②唇にのせ、やさしくマッサージ
③洗い流す

唇は古い角質がたまっていると、どんなに保湿力の高いリップクリームを使ってケアしても、浸透せずに効果半減しちゃうから、スクラブで角質を取るのがオススメです

出典:http://m3q.jp

唇ケア③メイク落としはオリーブオイルで浮かす

口紅を落とす時には、低刺激のオリーブオイルがお勧めです。必ずエクストラバージンオイルを選ぶようにします。

使い方は簡単で、ポイントメイクリムーバーと同じ感覚で、コットンにオリーブオイルを染み込ませて唇に数秒あてたら優しく拭き取ります。(こすらないように注意)
一度でとれなかった場合は、コットンを新しく変えて再度行いましょう。

ちなみに、オリーブオイルは濃いアイメイクは厳しいですが、ベースメイクなら落とすことも可能です。

出典:http://hadalove.jp

簡単ケアで潤った唇を手に入れましょう

いかがでしたか?唇は意外とデリケート。外からの刺激を軽減して、唇の乾燥、傷つきをケアしましょう。お手軽便利なリップクリームの選び方、使い方を正しく理解し、日ごろから唇をケアしてあげる事で、唇の荒れ防止にもなります。ガサガサな唇にはワセリン、はちみつ、砂糖、オリーブオイルを使って簡単に集中ケアしてあげる事ができます。

憧れのプルプルと潤った唇を手にいれましょう!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ