1日の必要量350g!野菜不足を手軽に解消する方法

野菜不足は実感していても、三食ゆっくり食べる時間がない・外食やコンビニで食事を済ませがちという現代人のために、外食中心の忙しい生活でも、手軽に野菜不足を解消する方法をご紹介します。

目次

  • 最近肌荒れや便秘がひどい…。
  • ほとんどの人が野菜不足!?
  • 忙しい人にぴったりの「野菜習慣」って?
  • 飲みやすい青汁には特徴があります!
  • 『えがおの青汁満菜』が続けやすい♪
  • 美味しいから毎日続けられる!
  • 料理にも使いやすい♪
  • 青汁習慣で冬を健康的に過ごそう!

最近肌荒れや便秘がひどい…。

肌の調子やお通じの調子が悪い…なんてお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? その不調はもしかしたら食生活の乱れが原因かもしれません!
ダイエットや偏食で乱れた食生活や外食中心の食生活は、ぽっこりお腹や肌荒れの原因になってしまいます。

ほとんどの人が野菜不足!?

厚生労働省が提唱する『健康日本21』によると1日に350g以上の野菜を摂ることが望ましいとされています。
しかし、上のグラフのように実際はどの世代でも、満足に野菜を摂ることができていないんです。

忙しい人にぴったりの「野菜習慣」って?

1日350gの野菜をとるためには、三食のすべてできっちり野菜を食べる必要があります。でも毎日忙しいのに、三食すべてで野菜を食べるように配慮するなんて難しいですよね。
だからこそ、オールインワンで必要な野菜がとれる「青汁」が今人気なんです♪
青汁には、緑食野菜がたっぷり配合されています。緑色野菜には酵素などの健康成分が含まれており、疲労回復や美容に効果的なんです!

飲みやすい青汁には特徴があります!

青汁は、使用されている原料や加工法の違いで様々な種類に分けられます。
ケールや、大麦若葉、明日葉など、原料は様々ですが、中でも「大麦若葉」を使った青汁は、子どもでも飲めるくらい美味しく、続けやすいのでオススメです♪

『えがおの青汁満菜』が続けやすい♪

『えがおの青汁満菜』は大麦若葉が使われている青汁です。その他にも、沖縄で昔から健康にいいとされてきた長命草も使われています。
『えがおの青汁満菜』には、ほうれん草1736g分のビタミンB6と、ピーマン899g分の葉酸を含んでおり、1日に必要な野菜350gをたった1杯で取ることができる優れものなんです!

美味しいから毎日続けられる!

従来の青汁は、たくさんの野菜を配合しながら美味しさや色にこだわると、ザラつきが残りおいしさの邪魔をしてしまうことがありました。
『えがおの青汁満菜』は、滑らかなのどごしを実現するため試作を重ねられて、水やお湯にサラっと溶けるようになっています♪だから、のどごしが気にならず、美味しく飲めちゃうんです♪

料理にも使いやすい♪

『えがおの青汁満菜』は、他の青汁とは違い、水やお湯に溶けやすいので、料理に使っても粉っぽさが残りません。
ヨーグルトと合わせてスムージーにしてもいいですし、すこし手間をかけて青汁パンケーキを作ってみてもいいかもしれませんね♪

青汁習慣で冬を健康的に過ごそう!

いかがでしたか? 野菜不足は現代人の永遠の課題ともいえます。1日に必要な野菜350g以上の栄養素を含んでいる『えがおの青汁満菜』はいまなら定期購入で14〜18%オフ! 特にビタミンが不足しがちな冬こそ『えがおの青汁満菜』で野菜をたっぷりとって寒さに負けない体を作りましょう♪

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ